--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012
10.30

かぼちゃのリゾット(Risotto di zucca)

Category: 今日の食卓


日曜日にスーパーで買い物したら、かぼちゃをプレゼントしてくれました。

もちろんハローウィン用ですが、こちらも日本同様、アメリカほど大々的に騒ぐわけでもなく、

ジャックオーランタンも、よっぽど好きな人じゃない限り作らないです。

むしろこの時期秋冬の味覚として、好んで食べられるので、

当然、イタリアンマンマたちは食用の感覚しかなく、早速今夜のおかずにしてしまうのですが・・・。

(実際配っていたのも、あのつやオレンジの飾り用ではなく、食用だったし)

しかし私は、アメリカのお友達がたくさん作って玄関先に飾ってる写真をみて、

懐かしくなり、ひっさびさに作っちゃいました!

とはいっても、私も(主婦)感覚的になんかもったいない気になってきて、

刳り貫けるだけくりぬいて、しっかり食べる分もGET! そのせいか、つかれたわー。

で形が悪いので、半分はパイの中身用に、半分は早速リゾットにしました。

くずかぼちゃなので解けてしまっていつもよりオレンジになってしまいましたが・・・、

P1050209.jpg

秋冬の味覚、甘さと塩気が絶妙にマッチしていてやみつきになります。

しかしこのかぼちゃはおいしかった。前回買ってきたかぼちゃはおいしくなかったから・・・。

ランタン作ったのもったいなかったかしら。

材料4人分

かぼちゃ(実のみ) 300g(今回はくずですが、いつもはさいの目に切っておきます)
お米 400g
たまねぎ 小一個
バター 50g
パルミジャーノレッジャーノすりおろし 100g
白ワイン 1/2カップ
お湯   1リットル
固形コンソメ 一個
塩コショウ

●お湯を沸かし、固形コンソメを溶かしておく。
●大きめの鍋にバターを半分量とかし、玉ねぎみじん切りをいれ、弱火でじっくりいためる。
●かぼちゃを加えさらに3分ほど炒め、お米を洗わず加え、さらに5分いためる(中火)。
●全体がなじんできたら、白ワインをいれ風味をつけ、ブイヨンをお玉3杯ほどいれかき混ぜる。
●この時点から約17分で出来上がり。
 その間、水気がなくなってきたらブイヨンを足す作業を繰り返し、使い切る。
●仕上がり2分前に残りのバターをいれなじませ、塩コショウで味を調える。
●出来上がったら火からおろして、パルミジャーノを加えかき混ぜる。


よろしかったらポチお願いします。
にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村



リゾットに入れる程度だったら、

手ごろなチーズで十分なのですが

24ヶ月物はお勧めです。そのまま食べてもおいしいし、

料理に使ってももちろん最高。

ちょっとお値段のはる36ヶ月ものは

料理に使うのがもったいない。

ワインのおつまみとして楽しみたいですねぇ・・・。






関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://parcogogo.blog121.fc2.com/tb.php/294-60d677ec
トラックバック
コメント
また読みに着ますね(^^♪
矢部結城乃dot 2012.11.26 16:32 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。