--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
09.06

なすのパルミジャーナ

Category: オーブン料理


「パルミジャーナ」と呼ばれているこの料理、実は南イタリアの料理なのだそうです。

通常はナスを素揚げしたり、粉をまぶして油で焼いたりするのですが、

近頃やっぱりカロリーを気にしなくてはと・・・。

ナスを油を使わず、グリルで素焼きしてさっぱり仕上げてみました。

しかしながらチーズのおかげでボリューム満点、おいしくできました!

野菜のガッツリおかずとして、最強な一品です!

今回使用したのは、
まるナス2本、モッツアレッラチーズ、パルミジャーノ、バジリコ、
トマトソース(オリーブオイル、唐辛子、ニンニク、トマト缶一缶、塩コショウで煮込んだもの)

まずナスを輪切りして水につけて灰汁取り。

水気をしっかり切って、グリルで素焼きします。

耐熱皿になす、トマトソース、モッツァレッラ、パルミジャーノ、バジリコの順で

重ねて行き、 200度のオーブンで20分ほど焼き上げます。

チーズが溶けている熱々のうちにどうぞ!

にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ にほんブログ村 旅行ブログ プチ旅行へ
よろしかったらポチっと。 にほんブログ村 にほんブログ村 にほんブログ村


スポンサーサイト

Comment:0  Trackback:0
2013
12.28

サーモンのパイ包み

Category: オーブン料理
foodpic4383760.jpg

こちらのお約束

クリスマスイブはトルテッリとお魚料理(イブはお肉を食べない)デザートにパネットーネ

25日のランチはブロードにカペレッティとお肉などのご馳走、デザートにパネットーネ(笑)

カペレッティは作ったしブロードも準備OK!

トルテッリは義母の得意料理なのでお任せし(助かった)、

私は魚担当。が、大失敗!買い物、出遅れてお目当ての魚やタコの粋がいまいち・・・。

唯一身の厚いサーモンがよかったので、急遽メニュー変更!

めったに作らないおフレンチの定番にしてみました。

パイシートで簡単に出来るし、見た目もいいのでこれでよしとしよう!

切り身とムースの2層にしてあります。酸味のある白ワインソースは不可欠ですよー!

foodpic4383759.jpg

サーモンは皮、骨をとって、四角に形を整え、

タイムとコショウオリーブ油を振って、30分ほど置いておく。

骨についている中落身や形成した際にのこった切り身と

生クリーム、卵白1個分、イタリアンパセリ、タイム、塩コショウを

フードプロセッサーにかけムースを作っておく。

パイシートにサーモン、茹でて水気をしっかり切ったほうれん草、ムースの順で乗せていき、

空気が入らないようしっかり包み込む。

上部に切り目をいれ、溶いた卵黄をぬり、200度のオーブンで50分焼く。

その間にソース作り。エシャロット一個をみじん切りにして、バター大1で弱火でじっくり炒める。

白ワインカップ1を加え煮詰める。(好みでブイヨンを加えても可)

生クリーム1/3カップ、塩コショウを加え、煮詰める。

レモンの絞り汁を加え、さらに酸味を利かせ火から下ろす。


よろしかったらポチっと。
にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村





Comment:0  Trackback:0
2013
10.03

今日はとりもも肉、きのこ、ほうれん草のグラタン

Category: オーブン料理


家の旦那、グラタンが大好きです♥

マカロニを使うとはいえ、この手の料理(ドリアもしかり)、

イタリアではないようで。

余ったパスタにさらっとベシャメラソースやチーズのみをかけて

オーブンで焼く、といったようなことはしますが、

なんか乾いた感じ・・・(それはそれでおいしいのですがグラタンじゃない)

たっぷりのベシャメラソースがグツグツいってて、表面が程よいカリカリ、

これが一番おいしいですよね。

我が家の定番は鶏もも肉ときのこ、ほうれん草。

パスタは硬めに茹でておき、

牛乳1ℓに対し50gのバターと小麦粉、塩コショウナツメグで

ベシャメラソース(これまた10分ほどで出来てしまいます)を作り、

ぶつ切りにした鶏肉をこんがり焦げ目がつくまで焼き、

玉ねぎ、きのこをじっくり炒め、鳥肉とほうれん草を加え、

ベシャメラに全部入れてよくかき混ぜ、

耐熱皿にもって、パルミジャーノとパン粉を上にたっぷりふりかけ

220度で20分。

画像の左端、ちょっぴりかけているのは、

オーブンから取り出した直後に、旦那が待ち切れず味見・・・、

思いっきり口の中やけどしてました(笑)。

一息待ってから!熱々のうちにどうぞ!


よろしかったらポチっと。
にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

先日ブラジル産の肉について気になるニュースを見つけました。

日本のスーパーの店頭にはコスパのいいブラジル産のおにくが

たくさん出回っていた記憶があったので、実家に連絡。

心配どおり、冷蔵庫にもありました。

財布に優しいのはありがたいことですが、ルートや工程過程を

知ってしまうとかなり不安になってしまいます。なるべく国産の

おいしいお肉を使ってねと薦めておきました!




Comment:0  Trackback:0
2013
05.12

Parmigiana di melanzane ナスのグラタン

Category: オーブン料理


朝方の嵐のような雨から一転、気持ちの良い晴れた日曜日になりました。

こんな日はゆっくり、なすのパルミジャーナでも作りますか。

なす、トマト、バジリコ、肉なしの南の料理なのに「パルミジャーナ」

初めて聞いた時はすっかりパルマの料理だと思っていました(笑)。
 
foodpic3477794_convert_20130505205936.jpg

1 ナスを輪切りにして塩をふりアク抜きする。

2 水気を良くふき取り、軽く小麦粉を振って、
  オリーブオイルを引いたフライパンで両面をこんがり焼く。

3 モッツアレッラチーズに輪切りもしくは1cm角切りに、
  パルミジャーノは摩り下ろしておく。

4 耐熱皿にトマトソースを引き、ナスを並べ、トマトソース、バジリコ、
  モッツアレッラ、パルミジャーノの順に重ねる。

5 4の順で何段か重ね、220度で20分こんがり焼き色をつける。



●ナスに小麦粉を振る事により味がしっかりなじむようになりますが、

 粉無しでオイルで素焼きにしてもあっさりしておいしいです。

ちなみに我が家は粉なし。 

ぶぉなあぺてぃーと♥ぶぉな どめにか


よろしかったらポチっと。
にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村


白糠酪恵舎の【イタリアンチーズセット】

白糠酪恵舎の【イタリアンチーズセット】
価格:3,800円(税込、送料込)


国産でこんなにおいしそうなチーズを作ってるんですねぇ。

新鮮な牛乳とチーズにあった気候でおいしそう。

特にモッツアレッラは鮮度が勝負なので

怪しい輸入品より国産を試してみたいものです。

私も帰国した際にはお取り寄せしてみたい一品!


Comment:0  Trackback:0
2012
02.23

Pizza

Category: オーブン料理
foodpic2054865.jpg


今日はおうちピッツァ

一投目は、トマトソース無しのビアンコで

パンチェッタと長ねぎとモッツアレッラチーズ。仕上げにオリーブオイルをさっとたらします。 


foodpic2054852.jpg

二投目は、トマトソースにアンチョビとカチョッフィ(アーティチョーク)にケッパー、モッツアレッラチーズ。

オリジナルのトッピングが楽しめて、

みんなで準備して、焼きあがるまでは、一杯片手に楽しくおしゃべり。

大好きな友達が集まったときにみんなで楽しめる夕げです。




よろしかったらポチお願いします。
にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村






ヨーロッパのチーズは本当おいしいですが、

個人的には北海道の小さな工房で作られたチーズも

なかなか好きなんですよ。

以前実家に帰ったときに妹がここのチーズをお取り寄せ。

とてもおいしかったのを覚えています。

ここのモッツアレッラはさっぱりピザにもってこい。




Comment:0  Trackback:0
2011
11.09

ねぎとジャガイモのキッシュ

Category: オーブン料理


先日、アジのたたきの際に買ったちび長ネギがまだまだたくさん残っていたので、

風邪気味のだんな、がんばれ!とばかりにねぎたっぷりのおつまみ用のキッシュを焼きました。

食べ応えがあるように我が家のはいつもジャガイモを入れるのであります。

キッシュは出来合いの生地シートを使えば、ささっと出来てしまうので、

忙しいときや、急なお客さんのときに重宝しますねぇ。

我が家は28cmの型に

生クリーム200cc、卵4個、パルミジャーノすりおろし100g、黒コショウ、塩、ナツメグを混ぜたものに

好みの具を混ぜて、190度で50分ほど焼くのが定番です。

今日はたっぷりのねぎのみじん切りとジャガイモを小さなサイの目に切ったものとパセリのみじん切りを、

オリーブオイルでしっかり炒め、荒熱をとってから混ぜ合わせ、ミニトマトを埋めました。


よろしかったらポチお願いします。
にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村


【送料無料】キッシュ

【送料無料】キッシュ
価格:1,050円(税込、送料別)



おされなキッシュ満載なんでしょうね・・・。




Comment:0  Trackback:0
2011
09.04

いわしのイタリアンオーブン焼き

Category: オーブン料理


先日TVでやっていた人気シェフのレシピ↑

内陸パルマ出身にしては珍しくうちの旦那様、私よりも魚介料理好き。(ただしすしは苦手?)

最近、メタボ防止のために青魚をたくさん食べようと心かけているのですが、

フライかマリネとレシピに乏しく、飽き飽きしていたところにこのON AIR。ありがたし!

いわしをイタリアンで!というときにはぜひどうぞ!ガッツリした食べ応えです。


* いわし(開いて骨向きしたもの)10から12尾(人数によって。大体3~4人分です)
* オリーブオイル 適量
* パン粉(細かいもの)半カップ
* 塩コショウ

詰め物
* エシャロットみじん切り 2個分(なければ玉ねぎ1/2個とニンニク1/2個で代用可)
* トマトピューレ 大さじ3~4
* 松の実 大さじ2杯くらい
* イタリアンパセリ(みじん切り)大さじ2杯くらい
* パン粉(細かいもの)半カップ
* パルミジャーノ(お好きなチーズで)大さじ3杯くらい
* 塩コショウ、オリーブオイル 適量

1 エシャロットのみじん切りをオリーブオイルでじっくりいためる。
2 透明になってきたら、トマトピューレ、塩、コショウ、松の実を入れ軽く火を通す。
3 火からおろして、イタリアンパセリ、パン粉、パルミジャーノを混ぜ味をなじませる。
  いわしの数分にわけお団子にしておく。
4 よく洗って水気を取ったいわしに軽く塩コショウし、お団子を巻き込んで楊枝でとめる。
5 耐熱皿にオリーブオイルをぬり、パン粉を半分敷き、いわしを並べて、
  上から残りのパン粉とオリーブオイルを満遍なく振り掛ける。
6 200度のオーブンで15分から20分焼き上げる。

注意:イタリアのパン粉は乾燥していてとても細かいので、日本のふわふわパン粉だと食感がだいぶ違います。
   一度乾燥させて、細かく砕くといいと思います。もしくは硬くなったフランスパンをフードカッターで細かくする手もあります。



見慣れないいわし料理に旦那少々たじろぎ気味。

「日本料理?」と聞いてきた(笑)。恐る恐る口にしてみると・・・

「イタリアンじゃん」っとほっとした様子。

「びっくりするからレストランメニューみたなものを出さないでくれ」と妙な満足表現。うしし。

すいません、でもこれ一応某有名レストランのメニューなんですけど・・・

手間と愛情とおいしいいわしで、家庭でもしっかり簡単にレストランメニューが出来るんですよ、旦那さん。


よろしかったらポチお願いします。
にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村








こってりした魚料理にはぜったいきりっとした辛口スプマンテが最高!

といってもこちらのフランチャコルタ・サテンは

もっぱら自分のご褒美のため、お外にて

アペリティーボで貴重な一杯を楽しんでいます。(笑)





というわけで自宅用はこちらのフランチャコルタ

日々の食卓にはプロセッコで十分ですが、

ちょっとおいしいものをというときには絶対不可欠。

お勧めします!




Comment:0  Trackback:0
2010
09.06

Zucchine alla Parmigiana ズッキーニのパルミジャーナ

Category: オーブン料理
002_20100907005057.jpg

私の大好きな代表的イタリア家庭料理の一つに

Melanzane alla Parmigiana メランザーネ・アッラ・パルミジャーナ(なすのトマトグラタン)があります。

呼び名は「パルミジャーナ」ですが、残念ながらパルマ料理ではなく、南イタリアの家庭料理なんですね。

さて、先日いただいた巨大ズッキーニ消費策・第一弾!

ナスの代わりにズッキーニでパルミジャーナを作ってみました。

ナスに比べて水気が多いので味がぼやけないようにパンチェッタでアクセントを効かせて大正解。

熱々ですが、夏に美味しい一品です。

004_20100907005057.jpg

ズッキーニ (今回はお化けを使用しましたが、通常は大5-6本程度)
トマトソース 300g(オリーブオイル、ニンニク、バジリコ、塩こしょうで煮込んでおく)
パンチェッタ薄切り 100g(薄切りベーコンで代用可)
パルミジャーノレッジャーノおろしたもの 200g
モッツァレッラチーズ(極力水気の少ないもの)200g 薄切り(もしくは小さな采の目、使いやすい方で)に切っておく。
オリーブオイル少々

*ズッキーニを3-4mmの厚さに切りオーブンで素焼きにする。(水気を飛ばすため)190度で15分ほど。
*オリーブオイルにニンニクを入れ、トマトソースを煮込む。バジリコ、塩こしょうで味を調え、ニンニクは取り除いておく。
*深めの耐熱皿にオリーブオイルを塗り、ズッキーニ、パンチェッタ、トマトソース、モッツァレッラ、パルミジャーノの順に
  何段か重ねていく。
*200度で25分 オーブンで焼く。


よろしかったらポチお願いします。
にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村


岩城ハウスウエア パイレックス・グラタン皿6枚セット B710T 340ml 602434




Comment:0  Trackback:0
2010
01.10

チキンドリア

Category: オーブン料理



珍しく旦那から「日本食食べたいなぁ」とリクエスト、

でリクエストメニューが・・・「チキンドリア」???

日本では洋食なんですけど…こっちにないメニューなので彼らの内では日本食なのだそうだ。

これが結構、伊友の間でも大好評で、食事に招待すると

「あのリゾとベシャメラのフォルノ(ごはんとホワイトソースのオーブン料理)作ってー」と催促されたりする。

醤油も魚も使ってないから抵抗なく食べられるんでしょうね。

でふと思ったのが「じゃあドリアって一体どこの国の料理?」

ご存知の方いらっしゃったら、教えてくださいね!

今日はトマトソースを使わずビアンコ(白)にしてみました。


1、ご飯をコンソメで炊いておく。

2、玉ねぎ半個薄切りと鶏細切れ300gを強めに塩こしょうし良く炒めておく。

3、バターを溶かし、小麦粉を炒め、牛乳を少しずつ加えながらベシャメラソースを作る。
  塩こしょう、ナツメグで味を調える。

4、耐熱器にバターを塗り、コンソメご飯、炒めた鶏玉ねぎを盛って、上からベシャメラソースをたっぷりかける。
  薄切りしたモッツァレラチーズ、すりおろしたパルミジャーノを上にかけてオーブンへ。

5、200度で25分焼きあげる。表面に焦げ目がついたらOK!

005_convert_20100110185931.jpg

我が家はいつも大皿で5-6人分焼いてしまうので、お皿の盛り分けます。

こうすれば、猫舌イタリア人も口の中をやけどせず、安心して食べれます(笑)



よろしかったらポチお願いします。
にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村







Comment:0  Trackback:0
2009
10.08

ブドウと栗の子牛肉ロースト

Category: オーブン料理
イタリア料理
レシピ


TVでちょこっと紹介していたレシピが気になって気になって、

本格的秋の到来を先取りして作ってみました。

結果、ばっちり!

イタリアのブドウ(日本でマスカット形のもの)は本当安くておいしい。

栗も焼くとコクがでてホクホクです。

お肉もブドウの酸味と甘みがしみこんでおいしーい!

毎秋の定番になりそうです。

ロースト用子牛塊肉 500g (豚でも鳥でもイケそうです)
マスカット 適量 
皮をむいた生栗 適量
塩コショウ 
ローズマリー 一枝
白ワイン
オリーブオイル

肉塊にしっかり塩コショウしてローズマリーと一緒に糸で縛る。
天板のオーブンペーパーを敷き、お肉、栗、半切りして種を取ったブドウを置き、
白ワイン、オリーブオイルをまんべんなくふりかけ、
190度で1時間15分オーブンで焼く。(途中1、2度肉と栗をひっくり返しまんべんなく火を通す)



もうちょっと焼き色をつければよかったかな・・・。


ランキング参加中です。よろしかったらポチお願いします。
にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村





Comment:0  Trackback:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。